自作シールド - Mogami 2534 アンバランスケーブルの作り方

2年以上空いてしまいましたが、当ブログの人気 No.1 コンテンツの自作シールドネタの続きです。

前回は「ギターとの組み合わせによっては Belden 8412 も良いので、Mogami 2534 と使い分ける。」的な所で終わっていたと思いますが、その後の試行錯誤の結果、現在はMogami 2534 に落ち着いています。

作り方を書くといって全然公開してなかったのですが、久しぶりにシールドを作る機会があったので、その工程を写真を交えて説明したいと思います。

が、あまりにも久しぶりすぎて「有色ホットの法則」とか完全に無視して作ってしまいました。
まぁ、肝心な部分は間違ってないと思うので、シールドを作ってみたいと思った方の参考になれば幸いです。

今回はケーブルに Mogami 2534、プラグに Switchcraft の 226 と 228 を使い、ハンダに Kester44 と熱収縮チューブにスミチューブを使います。

用途が限定された組み合わせですが、より一般的なストレートプラグの 280 とか Neutrik のプラグを使った場合もほぼ同じです。

また、Belden 8412 などの 2芯ケーブルで作る場合も、基本的には 4芯の Mogami 2534 と同じです。

4芯の場合には、芯線を 2本ずつ束ねて 2芯ケーブルにして作っていると考えてもらえれば分かりやすいと思います。


と言うことで、今回の材料です。

作り方です。


ケーブルにプラグのキャップと透明のカバー、熱収縮チューブを通します。
熱収縮チューブの長さですが、プラグのキャップよりも少し長いくらいに切っておくと丁度良いと思います。

もちろん反対側にも通しておきます。


外側の被膜に軽く切り込みを入れて切り取ります。

長さはプラグの形状にもよりますが、大体 1cmくらいですかねぇ?
この時、シールド線に傷を着けないように注意します。


シールド線を束ねて芯線を出します。


今回は、青い方をコールドにしますが、たぶんどっちでも良いはずです。
(「有色ホットの法則」ってのから考えると逆だけど・・・)

青い方(コールド)の被膜を根元から、透明な方(ホット)は頭から 3mm程被膜を剥ぎます。

芯線の被膜を剥ぐ時は芯線に傷を着けないように慎重に作業します。
カッターなどで作業するのは非常に難しいのですが、ワイヤーストリッパーがあると比較的簡単に作業できるので、お勧めです。


ホットを束ね、コールドとシールドは纏めて束ねます。
コールド+シールド側はそのままだと長すぎるので、少しカットしますが、ホット側の皮膜の残りと同じくらいの長さになる様にすると良いと思います。

後で説明しますが、セミバランスケーブルを作成する場合は、楽器側のシールドは上記のようにコールドと束ねますが、アンプ側のシールドは切り落として絶縁し、コールドのみをスリーブに落とします。


ハンダを使ってホットの2本の芯線を纏めてハンダを着ける。

ちなみに、Belden 8412等の2芯のケーブルの場合は、芯線がひとつなので纏める必要は無いですが、芯線にハンダを流しておくとプラグと固定するときに楽になります。


シールドとコールドを束ねたものもハンダを流して置きます。

いよいよケーブルとプラグを固定していきます。

この時プラグが固定されていないと作業がしづらいので、BEHRINGER のケーブルテスターを使って作業してます。

別に必須ではないですが、作成したケーブルのテスト(特にバランス)にも使えるので持ってる便利だと思います。


プラグにもハンダを着けておきます。


チップとスリーブ、どちらから固定しても良いと思います。

個人的にはホットとチップ→シールドとスリーブという順番のほうがやり易いですが、まぁ、やり易い順番で良いと思います。

どのプラグを使うのかによっても違いますが、だいたいスリーブの方が作業が難しいです。
ちなみに、Switchcraft 228 は今回初めて使ってみましたが非常に作業し難かったです。
特にスリーブ側にハンダが中々着かなくて苦労しました。


以後の作業でケーブルとプラグを完全に固定してしまうと、不具合があったときの修正が難しいので、この時点で両側の処理を済ませてケーブルのテストをしておくと良いと思います。


次にプラグの根っこでケーブルを挟みます。


熱収縮チューブを被せて、熱を加え収縮させます。

ヒートガン等の専用の工具もあるみたいですけが、私はターボライターか半田ごてを使っています。
最初は徐々に縮めていくくらいの勢いでやった方が良いかも知れません。


熱収縮チューブが完全に縮んだら、透明のカバーを被せて、キャップを被せます。

これで 226側は完成!


228の方もネジで固定して完成!

という感じです。

ちなみに、CT100 でテストするとこんな感じになります。


工作が苦手な人には正直お薦めできないですが、ハンダ付けなどに抵抗が無ければそこまで難しい加工はないので一度作ってみると面白いと思います。
パーツ的にも市販のシールドを買うのに比べたら全然安く手に入ります。

特に、Mogami 2534を使ったシールドはメジャーな所からは出てないと思いますので、一度試してみる価値は有ると思いますよ。
一般的に Mogami のギター用のシールドと言えば、2524 が有名ですが、型番は似てますが 2524 と 2534 は全く別物です。
個人の好みもあると思いますが、圧倒的に 2534 の方が良いと思います。

また、ギターシールドとして人気が高い Belden 8412 と比べても Mogami 2534 の方が個人的には好きです。

Mogami 2524 や Belden 8412 を使ったケーブルは比較的メジャーなメーカーから Switchcraft のプラグと組み合わせた市販品が出ています。
是非 Mogami 2534 で作ったケーブルと比べてみてください。


途中にも書きましたが、セミバランスとアンバランスの違いはアンプ側のシールドをスリーブに落とすかどうかの違いです。
セミバランスの場合、楽器側はアンバランスと同様にシールドとコールド側の芯線をまとめてスリーブに落としますが、アンプ側はシールドを絶縁してコールド側の芯線だけをスリーブに落とします。

以下、前述のアンバランスの例とホットとコールドの芯線の色が逆で分かりにくいと思いますが、セミバランスのアンプ側の作り方です。


アンプ側のシールド線を切り取ります。


熱収縮チューブでシールドを絶縁します。


ホットとコールドの芯線をそれぞれ纏めます。


プラグに固定します。
アンバランスの例とはホットとコールドの芯線の色が逆なので注意してください。

ただ、以前も書きましたが、セミバランスの効用については今に至るまで実感できていないので、頼まれない限りは 2芯(4芯)ケーブルでアンバランスケーブルを作る時にセミバランスにすることは無いです。