2009.7.24 FUJI ROCK '[email protected]苗場スキー場

FUJI ROCK '09 リストバンドバック

行ってきました、フジロック。

お金と体力と様々な諸事情により初日の24日だけの参戦です。

東京駅の天気 2009/7/24

出発前の情報では、苗場は曇り時々雨的な感じ。

東京も曇ってました。
どんよりです。

越後湯沢に着くと、さっそく小雨がパラついてました。

そして、なめていましたけど、やっぱりシャトルバスは並びます。

シャトルバス待ち行列@越後湯沢駅

結局1時間近く並んでバスに乗車。

途中、駐車場渋滞などのためかなり遅れて1時間くらい掛って現地に到着。
で、やっぱり、こちらも雨。

しかも結構激しい。。。

バスを降りる時に雨具を着ましたが、結局この日は屋外で雨具を脱ぐことは無かったというオチです。
本当に天気が悪かった...

リストバンド交換待ち行列

リストバンドの交換でもやはり長蛇の列。

結局、始発で出かけたのにもかかわらず、入場ゲートをくぐる前に Green の1番目 スカパラの演奏が始まってしまうと言う感じ。
湯沢に8時くらいについてたのに、そこからゲートをくぐる前に3時間以上掛かってしまったのは、チョット反省。

Field of Heaven看板 - FUJI ROCK '09

今回のフジロックの目的は、Tortoise と Jeff Lang だったので、まずは Field of Heaven を下見。

グリーンのスカパラ聞きながら、ホワイトの手前前でボードウォークに入り ASA-CHANG の演奏が終わり掛っている頃に到着。
ASA-CHANG 結構見たかったけど、数曲聴けたので取りあえずOK。

Whire⇒Green途中の川 - FUJI ROCK '09

WhireとGreenの途中の川。
軽く氾濫しかけてます・・・

結局これが原因でオールナイトフジは中止。

この時点でリストバンド交換所でもらったパンフレットが雨でドロドロになってしまうほどの状態で、酒を飲もうにも飲んでるそばから雨で薄まっていくような天気。
店によっては、お客さん向けにテント的なものを用意していたところも合ったけど、どこも混んでました。

当初、ジェフラングまで、Field of Heaven を中心に飲んだり食ったりしながらダラダラする予定でしたが、雨が降ってるせいで食べるの大変...
やる事がないので、どうせだからと言う事でドラゴンドラに乗りに行く事に。

イキナリかよ!って話ですけどね。。。


レッドマーキー脇の乗車券売り場で券を買い、おじさんに「乗り場はどこですか?」って聞いたら、「この先行ったところだよ」見たいな感じで言われたんで、近いのかと思いきや・・・
とんでもない急斜面を登りきったところにありました・・・
たぶん、5分以上はかかったと思う・・・

でも、ドラゴンドラ、めちゃくちゃ良いですよ。
これはお勧めです。

何がすごいって、斜面の角度が半端無い。
軽いアトラクション感覚で乗れる感じです。
そして、片道15分以上あるので、ゆっくり楽しめます。

が、山頂に近付くにつれてだんだん濃くなる霧・・・

FUJI ROCK '09 ドラゴンドラFUJI ROCK '09 ドラゴンドラ

途中から全く外が見えなくなり、気が付いたら山頂についてました。

FUJI ROCK '09 レストランアルム

で、当然ですが、到着した山頂も・・・
一面霧です・・・

DAY DREAMING and SILENT BREEZE で行われているライブの音は聞こえるけど、ステージがまったく見えないという状態。
ある意味すごかったです、幻想的。
数m 離れるとまったく見えなくなる状態でした。

やることが無いので、取り敢えず山頂のレストランで飯食いながら、今後の計画でも練ろうかと思いくつろいでいると、「天候不良のためドラゴンドラの運行を中止します」というアナウンスが・・・
こんなところに取り残されたら本当にシャレにならないので、急いで下山。


Field of Heaven に戻るとちょうど SAKEROCK がやってました。
すごい人・・・
まさかの満員状態。
取り敢えず、酒を買って鑑賞しました。

ちょっと見てみたかったので、これも満足(笑)

いやー、人気があるんですね。
Field of Heaven がこんなに混むと思わなかったので、びっくりしました。


FUJI ROCK '09 Jeff Langのリハーサル

SAKEROCKが終わると Jeff Lang がリハーサルを開始。

去年 METAMORPHOSE で Manuel Gottsching & Ashra 見たときも思ったけど、外タレのこの手の人たちは自分たちでリハーサルをするので、良いですね。

こういうプロのリハーサルを見る事が出来るってのも、フェスの魅力かも知れません。
普通にライブに行っても絶対に見れないですからね。

特に、音楽をやっている身には、とても勉強になります。

Jeff Lang - FUJI ROCK '09

自身で「ゆがんだフォークミュージック」と日本語で表現してましたけど、まさしくその通りの音楽でした。

すごく良かった!
そして、ギターウメー、歌ウメー、ベースもドラムもウメー。

とても面白い音楽をやってるのに、凄く良い曲。そして技術的にも素晴らしい。

Jeff Lang - Between the Dirt and Sky - London

Jeff Lang

この3拍子がそろう事ってなかなか無いから、文句無く楽しめました。

特に、ギターの演奏力というか、表現力・説得力が凄かったです。
一応、Napster で予習はしていきましたが、初めて聞いたのにも拘わらず感動できてしまうのは、やっぱり素晴らしい表現力ですよね。

London って曲がとても良かった。
一瞬でファンになりました。

もうすでに夕方になってましたけど、やっとまともにライブを見た感じ。


さて、Jeff Lang が終わった瞬間に Tortoise の場所取りのために最前列付近へ・・・

Tortoiseのリハーサル - FUJI ROCK '09

Tortoise も本人たちがリハーサルをしてました。

いやー、良かったです。
残念なが最前列ではなく、2列目で見てましたけど、最高に良かった。

Tortoise、前に見たときは確か、恵比寿のリキッドだったと思うけど、その時も良かったけど今回も良かった。

Tortoise

やっぱり、野外で見る素晴らしいライブは特別です。
かなり雨が強く降ってたけど、そんな事とかどうでも良くなるくらい本当に良かった。

この人たちの魅力は、何なんでしょうね?
言葉で説明することができなくて、本当に残念ですが、本当に良いんですよ。
ぜひ聞いてみてください。

特にライブが最高です!

アンコールで、突然 Black Sabbath の War Pigs をやり出したのには笑いました。
しかも、突然すぎてメンバー数人しかわかってない感じ、グダグダになって終わったっていうあたりが、最高!

かっこいいな~、こういうバンドやってみたいです。


Oasis - FUJI ROCK '09

で、最後はやはり Oasis で締めなくてはっと言う事で、この日初のグリーンステージへ。
やっぱり規模が違いますねぇ・・・

この迫力って、他ではなかなか味わえない感じ。
これだけ雨が降ってるにも拘らず、これだけの人を集めることが出来る Oasisっ てやっぱ凄いなーっと思いながら場所を確保し、待っていると・・・

Stop The Clocks - Oasis


1曲目がいきなり「Rock 'n' Roll Star」・・・
もうね、ぶっ飛びますよ。

始まる前は、まー、取り敢えず後ろのほうで適当に見ようかと思ってましたけど、大合唱。
後ろのほうなんで、周りはそんなにって人ばっかりでしたけど、一人で大合唱。

そのまま最後まで歌いっぱなし。
やっぱり Oasis のライブは合唱なんですよ。

Oasis終了とともにオールナイトフジ中止とか、色々なイベントの中止がアナウンスされ、強まる雨も手伝って大移動が発生。
オールの予定でいた人も、このタイミングで会場を出ようとしだすので、かなりひどい感じになってましたが、下手くそな誘導が追い打ちをかけて、ここから越後湯沢に着くまでに3時間くらいかかるという、この日一番の山場が...


前に行ったのって、前回 Oasis が出演した年なので、2001年なんですよねー。
なんで、約8年ぶりに行ったんですけど、フェス自体の雰囲気がだいぶ変わった印象があります。

前回行った時の印象で一番強く残っているのは、入場ゲートからいたる所にいた黒人の警備員達で、明らかに軍隊風のいでたちで警備していたことを思い出します。
明らかに威嚇。

で、今回はというと、基本 Field of Heaven でしか前に居なかったので、気が付かなかっただけかもしれないけど、黒人の警備員は見かけなかった。
グリーンの最前列付近とかにはいたかもしれないけど、昔のように意味なくいたる所に立ってる感じではなく、明らかに頼りないスタッフの兄ちゃん達が立ってました。

なんとなくピースフル。

フジに初めて行ってから数年間は、続けてサマソニに行って、フジはスルーしてましたが、東京に住んでる事を考えると、完璧にサマソニのほうがいいなーっと思ってました。

これは、俺の勝手な印象で、人によってさまざまな意見があると思いますけど、フジって年々出演者のレベルが下がってると思うんですよね。
ヘッドライナーそれなの?って感じで。
今年のライナップでもOasisは良いとして、フランツと weezer って、グリーンのトリにしてはやっぱりショボイ気がするんですよね。

まして、フランツも weezer もキャリアの中で人気とか話題性って意味で今が絶頂って時期でも無いような気がするし。
誤解しないで欲しいですけど、フランツも weezer も個人的には大好きですよ。
でも、やっぱり国内最大級のロックフェスのメインステージのトリって考えると、微妙な気がします。

じゃぁ、何がフジの魅力なのっていう話になるんですけど、今のフジロックって特定のアーティストを目当てに行くってものでは無いって事ですよね。
もちろん、Oasis 目当てとかもありだと思いますけど、それよりもフジロック自体に参加するっていう感じが近い気がしました。

そんで、フジに出ている人たちの演奏に浸ると。
全然聞いたことない人たちも、ジャンルも、聞いてみると良いもんですよね、そういう「音楽との出会いの場」がフジにはあると思います。
まぁ、これはフェス全般に言えることなんだけど、特にフジはその傾向が強いし、出ている人たちの質の高さは本当に高いと思うので、なおさらですよね。

そして、大自然の中でキャンプして、雨でグチャグチャになって、それでも楽しい!!って感じの祭り的なノリも。
だから、それが楽しめないと面白くない。

なので、2日目3日目のラインナップが微妙だからとかではなくて、3日間行かないと楽しみきれないのが今のフジロックなんだと思いました。

来年は、3日間行きたいものです。
でも、体力的にキャンプはきついので、プリンスで・・・
って、こっちは金銭的に厳しいか...